Ecotourism Demystified

Ecotourism Demystified

09 February 2018 » Ecotourism Demystified

ドレスコードやマナーにより、ドレス選びには制限が出てきます。 また、注意すべき点が多過ぎて、面倒に思う方もいるかもしれません。 なぜ、これらを守らなければならないのでしょうか?   マナーとは作法のことですが、相手に対して思いやりを持つことでもあります。 主催者には、会を開き、招待してくれたことへの感謝を伝えましょう。 ドレスコードやマナー違反は、主催者が恥ずかしく思ってしまいます。 また、相手の意思を軽んずることにも繋がります。 せっかくの晴れの日でも、それでは残念な思い出になってしまうでしょう。   パーティーは、豪華な会場や、素晴らしい料理、プログラムだけでは成り立ちません。 主催者と参加者、会場運営者など、人が集まって完成するものです。 その場の雰囲気に合わせ、主催者と参加者が一体となり、会を作り上げる必要があります。   例えば、結婚式や披露宴は、新郎新婦をお祝いするおめでたい場です。 多くの参加者が華やかなカラーのドレスを着用すれば、会場がとても明るくなります。 会場に華を添えることができるでしょう。 それとは逆に、葬儀ではブラックフォーマルなどの暗く地味な服装で、...

12 January 2018 » Ecotourism Demystified

「結婚式に呼ばれたんだけど、妊娠中だし、マタニティドレスなんて買ったことないし……。」 とドレス選びで悩んでいる妊婦さんも多いのではないでしょうか? 今までお呼ばれされたときに使っていたものだと、正直言ってサイズがキツいと思います。 妊娠中なら専用のマタニティドレスを着て行くのが一般的ですが、どれを選ぶのが正解なのかって、なかなか分かりませんよね。 もちろん妊娠して割と初期の段階であれば、通常のドレスでも構いません。 おなかを締め付けすぎないものなら、自分好みのデザインから選ぶと良いでしょう。 問題は、妊娠してそれなりに経った頃。だいたい半年も経つと、すっかりおなかも膨らんできます。 さすがにこの段階では普通のドレスは使い物になりません。マタニティドレスの出番です。 おなか周りはもちろん、太ももや腕のサイズも確認し、ややゆったり目のものを選びましょう。 とはいえマタニティドレスは年々変化しており、胸まわりだけは細く見せようという趣旨のものも多いです。 妊娠するとバストサイズは多かれ少なかれアップしますし、胸がキツくて苦しくなってしまうことも。 おなかばかりに気を取られ、...

10 November 2017 » Ecotourism Demystified

ドレスにはたくさんのデザインがあります。また指輪にもさまざまなデザインが生まれたことで、結婚指輪にもさまざまなスタイルが確立されはじめています。 中でも、指輪に石を留めつける「セッティング」は、指輪のメーン部分といってもいいくらい重要な要素です。 セッティングにもさまざまなスタイルがありますので、ドレスと同様に自分に合うものを探しましょう。 セッティングは、よりスマートなデザインを生み出すためにジュエラーから発信されることが多いそうです。有名なものでいうと立て爪を洗練させたセッティングがあります。ぱっと見は同じデザインのダイヤモンドリングでも、留め方が変わるとイメージも大きく変わることがありますので非常に重要といえます。石を留めつける爪の部分をどのようにするかという問題は、多くのジェエリー職人の頭を悩ませています。手の形や指の長さなどで似合うセッティングは変わるため、いろいろな試して自分に最も似合うものを見つけるのがオススメです。また、言うまでもありませんが、購入にあたっては精巧にセッティングが行われているかどうかを確認しましょう。...

25 July 2017 » Ecotourism Demystified

白ドレスは花嫁さんの色なので結婚式に参加する時には白いドレスは避けましょう。クリームベージュやシルバーなどのドレスも、明るい色の小物と合わせると全身が白っぽい服装に見えるので避けましょう。 また、黒ドレスに一連のパールネックレス、全身黒の服装は「喪服」をイメージさせるので、結婚式ではこれもだめです。 結婚式や昼の披露宴では、ミニ丈、胸の谷間を見せる襟ぐり、太ももまでのスリットなど、露出が多いものもさけたほうがいいです。こういったドレスの相談もレンタルドレスのプチラパンで可能です。

19 June 2017 » Ecotourism Demystified

ヨーロッパに伝わる花嫁が幸せになるために結婚式で身につけるもの。なかでも、何か一つ古いものを意味するサムシングオールドはその一つです。 祖先から伝わる指輪やレースなどをウエディングドレスと一緒に身につける場合もあります。特に、経済的豊かさを願う意味合いがあり、母や祖母から宝石などを譲り受けることが一般的です。 サムシングオールドの他に、青いものを身につけるサムシングブルーなどもあります。基本的なヨーロッパのならわしですが、日本でも、取り入れる花嫁もいるようですよ。

18 June 2017 » Ecotourism Demystified

乙女心をくすぐる ロマンティックドレス右立体感のアンティーク風レー スが主張するガーリーなAライン。 マリアベール&ショー 卜 グロープで清楚な花嫁に。 化粧品なども人気なアパレルブランドであるジルスチュアートは、ウェディングドレスも手がけていることはあまり知られていません。 ガーリーで女性らしいブランドのため、ドレスも女の子らしさを前回にしたウェディングドレスとなっています。ジルスチュアートのドレスと化粧品を合わせて使うと、より愛らしい花嫁になることでしょう。

17 June 2017 » Ecotourism Demystified

リーム ・ アクラはパリのエスモードとNYのFIT.の両方で学んだ、デザイナーである Reem Acraのブランドです。 半袖レース×チュールのAラインドレスは、 V字にあいた胸もととピジューベルトがスタイルアップ効果抜群です。リボンカチューシャ、 パールイヤリングで全体を,清楚な雰図気にまとめるのが良いでしょう。 日本ではモデルの梨花さんがこのブランドのウエディングドレスを着て、ウェディングを挙げたことで知名度が上がりました。

06 June 2017 » Ecotourism Demystified

透明感ある軽やかな素材の スウィー 卜ドレスは、うっとりするような愛しさ 。キュー卜に ふくらんだ ス力 一卜やエンパイアシル エッ卜、 ナチュラルで可愛いエッセンスは、 誰もがもってる乙女心を、きゅんとさせてくれるものです。 自然光の入る会場やガーデンでのパーティに白い小花のブーケを合わせれば、光のなかのフェアリーみたい! ふんわり幸せ気 分のオーラを放つ可憐な花嫁姿をつくり上げます 。

06 June 2017 » Ecotourism Demystified

ローマ本店&アトリエが移転・オープン 世界的なオートクチユールデザイナー 『ピーター・ラングナ ー』の本店サロン&アトリエが2012 年5月、ローマの Via Tiburtina 1234 に移転しました。白を基調にしたモダンなインテリアのサロンは、自然光が差し込む広々した空間。 大きなテラスを併設しているので、ここでパーティを行うことも。ラグジュアリーなウエデイングドレス、洗練されたイブニングドレス、ミニドレスやお酒落な小物 など、 さまざまなアイテムがずらりと並び、リラックスしたムード のなか、ゆったりドレス選びができます。素晴らしいドレスの数々があります。

06 June 2017 » Ecotourism Demystified

1990 年、 ニューヨーク のマディソン ・ アヴェニーに自身のサロンをオープンして依頼、デザイナーヴ ェラ・ウ ォン は革新的な デザイ ンと極上の素材づかいでブライダル業界に新風を巻き起こし、 またたくまにトップ の地位へ君臨しました。現在も各国のセレブやハリウ ッド女優がこぞ ってカクテル やイヴ ニングをオーダーし、 もちろんウエディングにも彼女のドレスを指名しています。 長らく日本からもラブコ ールが続き、銀座にお店が誕生しました。ニューヨー クの サロンと同じコンセプトでデザインされ、 『 ヴェラ・ウ ォンブライド』の世界観を味わうことができます。ドレスは白ドレスのほか モダンでエレガントなデザインのカラードレ スも展開しています。

26 May 2017 » Ecotourism Demystified

運命のー着に出会うために 夢のフィッティングタイムはレンタルドレスでドレスを試着するときです。花嫁にと って、お待ちかねの時間が到来です。結婚式のテーマ、会場のムード、自分の体形やキャラクタ 一、相手とのバランスなど、 考えなくてはいけないこと が ドレス 選びにはいっぱいです。なるべく早めに、ドレスショッ プでの試着をスター卜させてください。写真撮影が OK なショップであれば 、 正面全身、後ろ姿、 サイド、バスト アップ、 といろいろな角度から撮影をしましょう。のちに、へ アメイクやアクセ、ブーケなどの相談時に 便利なのでまずは写真を撮って記録しておくといいです。試着 に行く際は、着脱しやすい格好で、どうし ても 合わせたい小物などがあればあらかじめ持参を。彼には内緒で、 ドレス姿はあく まで当日初めて見せたいというファース トミー卜希望のひとは、ひと りで行くので はなく、母親や女子友など、自分のことをよく知っている第三者と行き冷静なアドバ イスに耳を傾けてみるといいでしょう。また、レンタルドレスショップス タッフはプロ中のプ口です。わからないことは なんでも聞いてストレス...

25 May 2017 » Ecotourism Demystified

輝くような笑顔、澄んだ心で、 結婚式当日を迎えるためにウェディングドレス選びは重要です。 プロポースに始まって、慣れないことの連続だったけど、とうとうこの日がや ってきました。緊張したり 、バタバタしたり 、ときに感極ま って涙したり と大忙しな一日の始 まりです。だけど 、もう心配ご無用。リラ ッ クスして、今日という 日を楽しむ心の余裕を持つてのぞんでください。とびっきりの笑顔 で、ゲストをお出迎えし、全員と言葉を交わし、感謝の気持ちを伝えましょう 。そして、 思い返すと幸せな気分がわき起こるよう 最高の記念日になりますように。おすすめのドレスをご紹介します。 オーラを纏った モダンプリンセスの”ケネスプール” 華やかな ビーティンデのピスチエ× 量感あふれるチュールスカートの コントラストで際立つ一着です。 デコルテはあえてノーアクセでシンプルに徹して。

09 March 2017 » Ecotourism Demystified

ウェディングドレスのウエストラインは、ドレスの形をつくり、バランスを取る上で重要な役割をする要素です。ネックラインやそでとともに、固有のスタイルをつけ加える働きをするのが、ウエストラインです。ウエストラインはドレスのプロポーションを操作することもできます。特にAラインドレスのナチュラルなウエストは、このデザインの優美なカーブをそっと引き立てます。特に、エンパイアスタイルのハイウエストは、体をスリムに見せる効果があり、多くの花嫁に選ばれています。 バストラインのすぐ下で切り替えたハイウエストの縫い目が特徴であるエンパイアは、ウェストを最小限に見えるカットのため、お腹の出ている人や妊娠中の花嫁にも適しています。 ウエストラインの種類で文字通り自然なウエストの位置のウエディングドレスのことをナチュラルと言います。ほとんど誰にも向いていますが、肩周りがほかの部分よりも太い人は向いていません。 バスクウエストは、ドレスのウエスト部分を細く見せます。向いているのは、体格のいい人、ヒップを目立たせたくない人です。ドロップウエストは、自然なウエストラインよりも数センチ下にくるものです。...

18 October 2016 » Ecotourism Demystified

挙式、披露宴、二次会まで一着のドレスで一日を過ごせるレンタルドレスは好評です。 適度に軽やかさのある小物で品のよいナチュラル感が漂うリゾート・セレモニーを胸下切り替えのキュートなドレスはレンタルドレスで選びました。披露宴ではピンクのアクセサリーと生花で花嫁の初々しさあふれるラブリースタイルに変身しました。小物やブーケをすべてピンクでまとめ、パーティシーンに映える、可愛らしい華やぎを演出します。 花嫁はお色直し フレッシュさあふれるヴィヴィッドカラーの花冠でハッピーオーラを放って鮮やかなイエ口ーやオレンジの生花でがらりと印象を変えます。青空や太陽を感じるリゾートにぴったり。軽やかなドレスに花冠を合わせナチュラルに! ほかの小物はミニマムにまとめて。レンタルドレスのコーディネーターや披露宴のコーディネーターがいろいろと教えてくれます。 プロに任せてドレスを決めましょう。

11 February 2015 » Ecotourism Demystified

baby elephant playing with a ball as seen on addict.com One of Kenya’s largest elephant population is at its lowest in more than a decade. This is according to a group of volunteers who have been flying over Kenya’s Tsavo National Park counting elephants. According to them the Ivory seeking poachers have killed 100,000 elephants in just three years. We as a country need to take measures to fight poaching by taking the fight to the door steps of our homes and the David Sheldrick Wildlife Trust...

31 January 2015 » Ecotourism Demystified

The tourism industry is one of the top foreign exchange earner in Kenya. According to the Economic Survey 2014 the industry generated sh94 billion earnings in 2013. Unfortunately these figures are set to drop in 2015 as yesterday Kenya Association of Tour Operators (KATO) revealed that Kenya has lost 21,000 jobs in the tourism sector as investors closed down hotels. “A total of 21,000 jobs have already been lost at the Coast and a solution has not been found yet,” KATO chairman Adam Jillo...

Ecotourism Demystified

» Ecotourism Demystified

OMG